ブログ

渋谷駅とエルゴノミックス

大学の行き帰りに渋谷駅を利用することがあるが、渋谷駅の山手線内回りホームからハチ公口に降りるところがいつも大混雑している。もちろん、乗降客が多いというのがあるが、階段の乗降を指示する標識が大きな原因だ。

Shibuyaeki001

写真にあるような緑で上向きの矢印が左側に、赤の下向きの矢印が右に出ている。これを見て多くの人が左側通行だと勘違いして、階段の左側に殺到する。私もそう思った。写真に写っている人々も左側通行をしている。
ところが実際の方向(駅の意図)は、左の上向き矢印は上りを意味し、右の下向き矢印が下りを意味する。したがって右側通行せよというメッセージなのである。

全員が勘違いすればまだ良いのだが、駅の意向通りに右側を目指す人も少数であるが存在する。一方で下から上ってくる人は指示通りに左側(下から見ると右側)から上ろうとするが、ホームから降りてくる大量の下り客に阻まれて、結局真ん中から上がってくる。結果として大変な大渋滞になっている。

Shibuyaeki002

特に休日は渋谷駅に初めて、あるいは久しぶりに来る人も多いので混雑に輪をかけているのだろう。
これが出来てからいっこうに直す気配がないが、間違う乗降客が悪いと思っているのだろうか?明らかに無駄な行動を誘導しているように見えるので、エルゴノミックスから見てもおかしなことになっている。

解決策としては、上りの方の矢印を車の進入禁止のようなマークにするとか、せめて赤信号と同じ色にするとか、いくらでも考えられるような気がする。

関連記事

  1. コンビニで売られるGODIVAはブランドか?
  2. スマホ対応手袋
  3. 日経新聞の署名入り記事
  4. 東京の朝
  5. 50万アクセス突破のお礼
  6. ミャンマー訪問記(4)
  7. なでしこ続き
  8. 政治家は品行方正ではダメだ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RSS 内田和成のビジネスマインド

  • SPA IN LIFE 2017年2月13日
    BCG時代の後輩の梶川さんが、素敵な本を出しました。 「SPA IN LIFE」...
  • BCGのコンセプト紹介の本を書きました 2016年11月3日
    今年2016年は、BCGが東京に世界で2番目のオフィスを1966年に開設してから...
  • 事業アイデアの発想法 2016年10月28日
    今日はビジネススクールの内田ゼミにBCG時代の同僚で現在事業開発のコンサルタント...
  • 学部7期生 2016年7月8日
    今日の合同ゼミには学部7期の卒業生の中澤君と薬丸さんも顔を出してくれました。 明...
  • ゼミ合宿 2016年7月8日
    今日は内田ゼミのMBA生と学部生の合同ゼミ初日です。 例年土日の一泊二日でやるの...
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。