ブログ

松丸本舗

東京駅隣にある丸の内オアゾという商業ビルには、丸善の大きな店がある。場所柄ビジネス書がよく売れる店だ。
その丸善の4階にユニークな書籍売り場がある。編集者として名高い松岡正剛さんがプロデュースしている、何とも説明しがたい本屋さんである。

Matsumaru 許可をもらって、店内を撮影させてもらいました。

神田の古書街に迷い込んだような感じもあれば、どこかの図書館のようでもある。でも書店である。松岡さんという感性豊かな人が、彼のテイストでまとめた本屋と言うよりは街といった方がいいかもしれない。決して広くない空間ではあるが、まるで異空間に紛れ込んだような感じがする。でも心地よい。
一人でぶらついてもいいし、デートで行ってもいいかなというような空間だ。

先月の23日にオープンしたばかりの新しいスペースだが、一度行ってみるといいかもしれない。
何で松丸本舗なのかと思ったら、松岡・丸善の頭文字をといっているという単純な発想だった。これは少し、肩すかし。
オフィシャルなサイトは、こちらをどうぞ。

http://www.maruzen.co.jp/Blog/Blog/maruzen02/P/8515.aspx

ということで、今日は書籍の紹介ではなく、本屋さんの紹介でした。

関連記事

  1. 光の見つけ方
  2. 今日の一景
  3. 三省堂
  4. メルボルン便り
  5. 蝶々とてんとう虫
  6. 論点思考発売
  7. GWは蓼科で仕事
  8. 講演の案内

コメント

    • Y
    • 2009年 11月 14日

    初めてコメントを書かせて頂きます。
    私は本店舗の制作に関わった者でして、
    2年程前から、ブログを通じて内田先生の考え方の虜になり、毎日のようにチェックをさせて頂いています。
    実は、本店舗を作成中、個人的な目標の一つとして、”内田先生のブログで取り上げられる”ということを設定していました。
    情報感度が高く、厳しい視点をお持ちの内田先生に指摘されれば、ある一定の人達には、当店舗が目指す斬新性や奇異性を訴求できたといえるのでは、との考えからです。
    本日、ブログを開いた瞬間、驚きと喜びがこみ上げてきました。
    ぜひとも当店をご愛顧下さいませ。
    宜しくお願い致します。

    • 内田和成
    • 2009年 11月 16日

    Yさんへ
    そうですが、松丸本舗の関係者が私のブログの読者とは、これも縁ですね。
    なかなかしゃれたコンセプトだと思います。後は商業的に成功するかどうか、それともある種の広告塔効果を狙っているのでしょうか?
    成功を祈ってます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RSS 内田和成のビジネスマインド

  • SPA IN LIFE 2017年2月13日
    BCG時代の後輩の梶川さんが、素敵な本を出しました。 「SPA IN LIFE」...
  • BCGのコンセプト紹介の本を書きました 2016年11月3日
    今年2016年は、BCGが東京に世界で2番目のオフィスを1966年に開設してから...
  • 事業アイデアの発想法 2016年10月28日
    今日はビジネススクールの内田ゼミにBCG時代の同僚で現在事業開発のコンサルタント...
  • 学部7期生 2016年7月8日
    今日の合同ゼミには学部7期の卒業生の中澤君と薬丸さんも顔を出してくれました。 明...
  • ゼミ合宿 2016年7月8日
    今日は内田ゼミのMBA生と学部生の合同ゼミ初日です。 例年土日の一泊二日でやるの...
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。