ブログ

異業種競争戦略 in 台湾

暮れのブログで私の著書「異業種競争戦略」と「論点思考」が韓国語訳になって出版された話を紹介したが、今度は「異業種競争戦略」の中国語訳が完成した。ただし、中国語訳といっても繁体字とよばれる台湾語である。

こちらも2006年に発売した「仮説思考」が4年たってようやく2010年7月に発売になったのに比べれば、わずか1年で訳書が出たと言うことはかなりのスピードである。これも素直にうれしい。

Taiwan

左側が2010年7月発売の「仮説思考」、右側が2010年12月27日発売の「異業種競争戦略」である。韓国のハングル文字に比べると遙かにわかりやすい(といっても意味が分かるわけではなく、どちらの本かがすぐ分かるだけであるが)。

Taiwan001
ちなみにこれはカメラ業界を例に事業連鎖を描き、そこでは置き換えや省略が起きていると言うことを説明したページですが、結構読める漢字が多いです。

後は韓国でも台湾でもどれだけ売れるかであるが、こればかりは皆目見当もつかない。じわじわでも良いから、少しでも多くのビジネスマンに読んで欲しいものだ。

関連記事

  1. プロほどあきらめが早い
  2. マイクロソフトの逆襲
  3. 日経新聞登場
  4. 今なぜ異業種格闘技なのか
  5. 異業種格闘技の事例(1)
  6. フリーコミック
  7. マッシュアップ
  8. うれしいニュース

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RSS 内田和成のビジネスマインド

  • SPA IN LIFE 2017年2月13日
    BCG時代の後輩の梶川さんが、素敵な本を出しました。 「SPA IN LIFE」...
  • BCGのコンセプト紹介の本を書きました 2016年11月3日
    今年2016年は、BCGが東京に世界で2番目のオフィスを1966年に開設してから...
  • 事業アイデアの発想法 2016年10月28日
    今日はビジネススクールの内田ゼミにBCG時代の同僚で現在事業開発のコンサルタント...
  • 学部7期生 2016年7月8日
    今日の合同ゼミには学部7期の卒業生の中澤君と薬丸さんも顔を出してくれました。 明...
  • ゼミ合宿 2016年7月8日
    今日は内田ゼミのMBA生と学部生の合同ゼミ初日です。 例年土日の一泊二日でやるの...
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。