ブログ

バリューチェーンで見る(3)

今日は、カメラ業界の異業種格闘技をバリューチェーンを書くことでどう捉えることが出来るか考えてみよう。
まず最初にこれまでのフイルムカメラ(正式には銀塩カメラという)のバリューチェーンを書くと以下のようになる。
Cameravc001_4

そこで最初に起きた異変が、通称使い捨てカメラ(正式名称レンズ付きフイルム)の登場である。
これによって何が起きたかと言えば、一番高価であるが故に今までカメラ業界の中心をなしていたカメラが不要になってしまった。
これをバリューチェーンで表すと以下の通りになる。
Cameravc002_1

もちろん、大半のユーザーは今まで通りの銀塩カメラを使用していたが、旅先でのスナップ写真などの一部のニーズは使い捨てカメラに移っていった。これによって困ったのがカメラメーカーであることはいうまでもない。どんなに高機能のカメラや低価格のカメラを作っても、相手がカメラを販売していないのだから対抗しようがない。

次に何が起きたかは、次回のお楽しみ。

関連記事

  1. 異業種格闘技の事例(1)
  2. 経営者未来塾
  3. マネーボール
  4. グーグル対マイクロソフトその後
  5. 君はコロプラを知っているか
  6. ゲームチェンジャーの競争戦略発売
  7. CVS銀行(続き)
  8. 日経新聞登場

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RSS 内田和成のビジネスマインド

  • BCGのコンセプト紹介の本を書きました 2016年11月3日
    今年2016年は、BCGが東京に世界で2番目のオフィスを1966年に開設してから...
  • 事業アイデアの発想法 2016年10月28日
    今日はビジネススクールの内田ゼミにBCG時代の同僚で現在事業開発のコンサルタント...
  • 学部7期生 2016年7月8日
    今日の合同ゼミには学部7期の卒業生の中澤君と薬丸さんも顔を出してくれました。明日...
  • ゼミ合宿 2016年7月8日
    今日は内田ゼミのMBA生と学部生の合同ゼミ初日です。例年土日の一泊二日でやるので...
  • 模擬授業のお知らせ 2016年7月6日
    来る7月24日(日)の午後、早稲田大学ビジネススクールでは2017年度の入試説明...
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。