ブログ

ビジネスケースコンペin大阪

昨日は大阪まで、学生のビジネスプラン・コンテストの審査に行ってきた。義理のあるネスレコンフェクショナリの高岡社長からの依頼で断れなかったのだが、大阪まで行った甲斐があった。

今回のビジネスコンテストは関西の学生たちが自主的に運営しているKBCC(関西ビジネスケースコンペティション)主催だが、学生がチームを組んでクライアントにマーケティング戦略の提案を行うという体裁を取っており、そのクライアントがネスレコンフェクショナリという設定である。

キットカットあるいはエアロを選択しての戦略提案は、学生らしいアイデアや生活者の視点からの洞察に満ちあふれていて、とても楽しめた。
もちろん、提案内容は現状分析が不十分だったり、実現性に課題なども多く、そのまま使えるものではなかったが、前向きの姿勢が評価できる。

Kbcc

写真は、優勝した神戸大学のチームである。

関連記事

  1. 仮説思考、お陰様でロングセラー
  2. すごい議論力
  3. 渋谷駅とエルゴノミックス
  4. HANDS
  5. 1年の終わりに
  6. スピーカー自作
  7. SMOKING KILLS
  8. Great Place to Work (働きがいのある会社)

コメント

  1. 先日はKBCC'08でお世話になりました
    KBCC'08代表の森悠生でございます。
    先日はバタバタしてしまいご連絡先をお聞きできず、
    どうやってお礼をお伝えしようか悩んでいましたところ、
    ありがたいことに内田先生のブログにKBCC'08をご紹介いただきましたので、
    この場をおかりして失礼ではありますがお礼を申し上げたいと思います。
    先日はお忙しい中、KBCC'08にご参加いただきまして、また、学生の皆様に真摯で温かく鋭いお言葉をいただきまして、本当にありがとうございました。
    内田先生のお言葉は、鋭い内容にも関わらず、不思議とすっと伝わる内容で、
    どうしたらこんなに伝わる話し方ができるんだろうと、本当に感動いたしました。
    少しの間ではございましたが、内田先生にご参加いただき、私どもスタッフも含めKBCC'08の学生が、
    内田先生から感じたこと・学んだことは本当に大きなものになりました。
    私どもとしても、少しでも内田先生になにかご提供できていればと願うばかりです。
    この場をお借りして心からお礼申し上げます。
    本当にありがとうございました。
    簡単ではございますが、まずはお礼まで。
    今後ともKBCCに、そして日本の学生にどうぞご期待ください。
    関西ビジネスケースコンペティション2008
    代表
    森 悠生

  2. 神戸大の西田泰典です。
    今回の決勝プレゼンテーションには内田先生にご参加戴き、畏れ多くも大変感激いたしました。
    代表の森君もコメントされていますが、講評の際の先生のお話を今後の少ない学生生活と社会人生活の糧として自己研鑽していきたいと感じます。
    貴重なお時間を、本当にありがとうございました。

    • 内田和成
    • 2008年 10月 23日

    森さん、西田さんへ
    皆さんに気に入ってもらったようで良かったです。
    関西の学生に負けないように、早稲田の学部ゼミ生も鍛えています。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RSS 内田和成のビジネスマインド

  • SPA IN LIFE 2017年2月13日
    BCG時代の後輩の梶川さんが、素敵な本を出しました。 「SPA IN LIFE」...
  • BCGのコンセプト紹介の本を書きました 2016年11月3日
    今年2016年は、BCGが東京に世界で2番目のオフィスを1966年に開設してから...
  • 事業アイデアの発想法 2016年10月28日
    今日はビジネススクールの内田ゼミにBCG時代の同僚で現在事業開発のコンサルタント...
  • 学部7期生 2016年7月8日
    今日の合同ゼミには学部7期の卒業生の中澤君と薬丸さんも顔を出してくれました。 明...
  • ゼミ合宿 2016年7月8日
    今日は内田ゼミのMBA生と学部生の合同ゼミ初日です。 例年土日の一泊二日でやるの...
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。