ブログ

優れたブランドにはストーリーがある(続き)

以前優れたブランドにはストーリーがあるという話をしたが、今日また新しいネタを仕入れた。現在ソウルで行っているセミナーで前東大教授でブランドの第一人者である片平秀貴先生が語っていた話だ。
ベンツのシンボルカラーといえばシルバーという定説があるが、それがどうして生まれたかという話である。
1920年代にメルセデスがあるレースに出ようとしたら、750kgの規定を1kgだけオーバーしていたために、そのときの塗られていた白い塗料を急遽はがして、重量オーバーをまぬがれたそうである。塗料をはがしたために下地の金属がむき出しになり、シルバー色に輝いたメルセデスが矢のようなスピード走り回り活躍したそうである。
そこから、ベンツのシルバーアロー(銀色の矢)というのが、シンボルカラーになったそうである。

だからなんなのだという声が聞こえてきそうであるが、片平先生に言わせると顧客の頭の中に記憶に残るストーリーがブランドを形成するには大事だと言っていた。
私が言っていたことは、ブランドの専門家から見ても正しいのだと思って、意を強くした次第である。

関連記事

  1. またまたブランドの話
  2. ミャンマー訪問記(3)
  3. 日本人の生存能力低下?
  4. 離婚式
  5. パスワード
  6. キャラクター大集合
  7. 揚琴とシンセサイザー
  8. ネガティブスケールカーブ

コメント

    • 義堂
    • 2007年 7月 30日

    優れたブランドにはストーリーがあるとのお話は全くその通りだと思います。ビジネスを成功させるには、attractiveなストーリーを常に提供し続けなくてはなりませんが、LVMHの堅固なブランド構築力は、やはりその財力を梃子にした素晴らしいストーリーテーラーだからだと感じます。しかし、最近では、新しいストーリーを展開するこに焦り、次々とデザイナーを変える、新商品を出す、ブランドロゴを変えるなど、簡単にブランドアイデンティティを損いかねない戦略を打ち出し、却ってブランドを毀損させている企業もあるように思います。

    • 内田和成
    • 2007年 8月 07日

    義堂さんへ
    いつもコメントありがとうございます。
    LVMHもこれだけ成功してしまったので、これからが勝負でしょうね。
    プレミアムブランドが大量生産品になってもそのブランド価値を失わない例は、自動車などではベンツ、BMW、レクサスなど結構あるのですが、ヴィトンはどうなりますかね?

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RSS 内田和成のビジネスマインド

  • SPA IN LIFE 2017年2月13日
    BCG時代の後輩の梶川さんが、素敵な本を出しました。 「SPA IN LIFE」...
  • BCGのコンセプト紹介の本を書きました 2016年11月3日
    今年2016年は、BCGが東京に世界で2番目のオフィスを1966年に開設してから...
  • 事業アイデアの発想法 2016年10月28日
    今日はビジネススクールの内田ゼミにBCG時代の同僚で現在事業開発のコンサルタント...
  • 学部7期生 2016年7月8日
    今日の合同ゼミには学部7期の卒業生の中澤君と薬丸さんも顔を出してくれました。 明...
  • ゼミ合宿 2016年7月8日
    今日は内田ゼミのMBA生と学部生の合同ゼミ初日です。 例年土日の一泊二日でやるの...
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。