ブログ

借りた本の返し方

今日は講演の仕事で福岡に来ている。
さっき仕事が終わってホテルの部屋に戻ったところだが、たまたまNHKでプロフェッショナルの流儀をやっていて生物学者の上田泰己を取り上げていた。

彼は体内時計の世界での第一人者だそうだが、私が感心したのは別の話だ。
彼が研究に行き詰まったときに、高校時代に彼の運命を決めたと言っていい恩師の緒方先生が重病という連絡をもらって福岡に里帰りしたときの話である。
お見舞いに行ってみると彼は肝臓ガンでも宇余命幾ばくもないことが上田さんにも分かったし、緒方さん自身も分かっていたそうだ。その緒方さんが、上田さんの帰りがけに、1冊の本を差し出して、これを貸してあげると言ったそうである。もう余命がない人なので、あげると言ってくれると思ったのが貸すと言われた参ったなと思ったそうである。物理的に返すことができないからである。

その本は「生命の本質」という古典だったようだが、その中の一説を読んで、上田の研究魂に再度火がついたそうである。要するに画期的な研究をすることで、恩師にお返しをしようと言うことである。

こういうプロ魂が大好きだ。

関連記事

  1. 異業種競争戦略、本日発売
  2. 味のプロフェッショナル
  3. サッカー日本代表遠藤保仁は試合中「鳥になる」
  4. チーム・バチスタの栄光
  5. オチから考える発想法
  6. プロフェッショナルの条件とは
  7. 出来るコンサルタントは問題発見力に優れている
  8. プロの心構え

コメント

    • 辻崇宏
    • 2010年 2月 17日

    先生、こんにちは。
    プロ魂ですね。
    会社いきつつ、大学に行くからには、
    先生から教わったことを仕事で日々活かしてかないと…と
    あらためて思いました
    あらためて思ってちゃいけないのですが…

    • 内田和成
    • 2010年 2月 21日

    辻さんへ
    コメントありがとう。
    来学期にまた教室で会いましょう!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RSS 内田和成のビジネスマインド

  • SPA IN LIFE 2017年2月13日
    BCG時代の後輩の梶川さんが、素敵な本を出しました。 「SPA IN LIFE」...
  • BCGのコンセプト紹介の本を書きました 2016年11月3日
    今年2016年は、BCGが東京に世界で2番目のオフィスを1966年に開設してから...
  • 事業アイデアの発想法 2016年10月28日
    今日はビジネススクールの内田ゼミにBCG時代の同僚で現在事業開発のコンサルタント...
  • 学部7期生 2016年7月8日
    今日の合同ゼミには学部7期の卒業生の中澤君と薬丸さんも顔を出してくれました。 明...
  • ゼミ合宿 2016年7月8日
    今日は内田ゼミのMBA生と学部生の合同ゼミ初日です。 例年土日の一泊二日でやるの...
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。