ブログ

Going abroad

本日の日経新聞朝刊に大学生のためのインターンシップ留学:奨学生募集の広告が出ていました。
20110406abroad_2

この団体のことに詳しいわけではないですが、若い人が学生のうちから海外の企業で働くというのは大変素晴らしい経験になると思います。

私の周りでも、学部のうちからあるいは社会人になってから留学する人は多く、その中の何割かは留学先での就職を希望しますが実際はそんなに簡単ではなく、思い通りの就職先とりわけ現地の企業に就職する夢破れる人はたくさんいます。
ハーバードやスタンフォードのような一流ビジネススクールを出たエリート学生でも、そういう人を何人も見てきました。

ということで、インターンといえども現地の企業で働くというのは大変良い経験になると思いますので、こうしたプログラムが増えると日本人のグローバリゼーションももっと進むのではと思いました。

関連記事

  1. 社会人の書斎
  2. ドバイの風
  3. 小山薫堂
  4. 好調清水エスパルス
  5. コンサルティングの基本
  6. ミャンマー訪問記(2)
  7. からくり人形
  8. 競争の原点は人と人の競争

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RSS 内田和成のビジネスマインド

  • SPA IN LIFE 2017年2月13日
    BCG時代の後輩の梶川さんが、素敵な本を出しました。 「SPA IN LIFE」...
  • BCGのコンセプト紹介の本を書きました 2016年11月3日
    今年2016年は、BCGが東京に世界で2番目のオフィスを1966年に開設してから...
  • 事業アイデアの発想法 2016年10月28日
    今日はビジネススクールの内田ゼミにBCG時代の同僚で現在事業開発のコンサルタント...
  • 学部7期生 2016年7月8日
    今日の合同ゼミには学部7期の卒業生の中澤君と薬丸さんも顔を出してくれました。 明...
  • ゼミ合宿 2016年7月8日
    今日は内田ゼミのMBA生と学部生の合同ゼミ初日です。 例年土日の一泊二日でやるの...
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。