ブログ

舟を編む

少し前に読んで感想をブログにアップしようと思っていた本が、三浦しをん著「舟を編む」だが、本日2012年度の本屋大賞に決まったというニュースを聞いて、慌てて紹介することに

Funewoamu

この本のすぐれている点は、辞書を編纂するというきわめてマニアックな世界を描きながら、辞書に人生をかけている人々の人間性に溢れる日常を結構ドラマチックに描いているところにある。

日頃あまり問題意識なく使っている辞書が実は非常に論理的でかつ地道な作業の積み重ねで作られていると言うことが分かっただけでも勉強になる小説だ。

加えて、ほんわかとした愛情物語も含まれており、結構楽しめる本に仕上がっている。読後感は、夏川草介「神様のカルテ」に大変似ている。

本屋大賞は知っている人も多いと思いますが、全国の書店員が顧客に読んで欲しい本を選ぶという賞で、過去にはテレビドラマになったものや映画化されたものも多い。
ちなみに昨年度の大賞は東川篤哉著『謎解きはディナーのあとで』(小学館)、これもテレビドラマ化された。

         
テレビは見ていないが、もちろん本は読んでおり、ごく気楽に読めるエンタテイメント小説だ。
書店員が選ぶだけあって、他の文芸賞とは違って、読みやすいものが多いのが特徴だ。

今年の賞の詳細下記のURLをどうぞ。
http://www.hontai.or.jp/news/index.html

http://www.hontai.or.jp/about/index.html

関連記事

  1. 壁を壊す
  2. 再生可能エネルギーがわかる
  3. 話題のテルマエ・ロマエを読む
  4. ビジネスインサイト
  5. 最後の証人
  6. 「壁を壊す」書評
  7. フェルマーの最終定理
  8. 十八史略

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RSS 内田和成のビジネスマインド

  • SPA IN LIFE 2017年2月13日
    BCG時代の後輩の梶川さんが、素敵な本を出しました。 「SPA IN LIFE」...
  • BCGのコンセプト紹介の本を書きました 2016年11月3日
    今年2016年は、BCGが東京に世界で2番目のオフィスを1966年に開設してから...
  • 事業アイデアの発想法 2016年10月28日
    今日はビジネススクールの内田ゼミにBCG時代の同僚で現在事業開発のコンサルタント...
  • 学部7期生 2016年7月8日
    今日の合同ゼミには学部7期の卒業生の中澤君と薬丸さんも顔を出してくれました。 明...
  • ゼミ合宿 2016年7月8日
    今日は内田ゼミのMBA生と学部生の合同ゼミ初日です。 例年土日の一泊二日でやるの...
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。