ブログ

ぼったくり料金

今日から、マーケティング協会の仕事で韓国のソウルに来ている。
2年ぶりくらいであるが、相変わらず活気にあふれていて、そんなに不景気な感じはしない。外人がバブル崩壊後の日本に来て、渋谷や六本木を見て、どこが不景気なのかといぶかったのに似ていて、所詮表面しか見ていないせいかも知れない。

ところで以前は10ウォン=1円程度でわかりやすかったのに、円安とウォン高の両方が効いているせいか、7.4ウォン=1円程度になっていて、物価が高くなったと感じた。

たとえばホテルのインターネット接続は30分10000ウォンであるため、日本円に換算すると1350円という法外な値段になっている。1日にするとかなり安くなって20000ウォンすなわち2700円くらいだ。しかし、それでも滅法高い。

これは、ウォン高のせいというより、世界中どこに行っても似たようなぼったくり料金で、高級ホテルでもインターネットの接続料が無料なところはない。かつ一日あたり1000円ですめば安い方で、3000円程度取るところも多い。
要するにかつての国際電話料と同じで、顧客の足元を見ているのである。電話はかけなくていけないし、ほかに選択しかなければいくら高くても部屋から国際電話をかけることになる。やがて、国際電話のコーリングカードや携帯電話が普及すると、こうした国際電話料で稼ぐやり方はかなり少なくなった。
ホテルの客室のインターネット接続もかつての国際電話と同じで、今は過渡期なのであろう。ほかに選択肢かがないから使うが、やがて無線LANのスポットがそこかしこにできたり、国際ローミングが可能な携帯電話によるデータ接続が可能になれば、大幅に安くなるのであろう。

それまでの辛抱である。

関連記事

  1. SPYSEE
  2. 機内食と駅弁(続き)
  3. 事件は会議室で起きているんじゃない
  4. 便利なカーナビの落とし穴
  5. ソウル便り最終回
  6. 東京ミッドタウンとWeb2.0
  7. コンビニで売られるGODIVAはブランドか?
  8. 感情の振幅

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RSS 内田和成のビジネスマインド

  • SPA IN LIFE 2017年2月13日
    BCG時代の後輩の梶川さんが、素敵な本を出しました。 「SPA IN LIFE」...
  • BCGのコンセプト紹介の本を書きました 2016年11月3日
    今年2016年は、BCGが東京に世界で2番目のオフィスを1966年に開設してから...
  • 事業アイデアの発想法 2016年10月28日
    今日はビジネススクールの内田ゼミにBCG時代の同僚で現在事業開発のコンサルタント...
  • 学部7期生 2016年7月8日
    今日の合同ゼミには学部7期の卒業生の中澤君と薬丸さんも顔を出してくれました。 明...
  • ゼミ合宿 2016年7月8日
    今日は内田ゼミのMBA生と学部生の合同ゼミ初日です。 例年土日の一泊二日でやるの...
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。