ブログ

デザインとは何かを発想すること

昨日の日経新聞のスポーツコラム「フットボールの熱源」にまたも、おもしろいコメントが載っていた。
英国人曰く、日本ではデザインという言葉の概念が正しく理解されていないような気がする。英国ではデザインとは何かを発想することであって、それを紙の上に絵として描くことではない。

頭の痛い話である。日本ではデザインとがデザイナーというと絵の描ける人あるいはそうしたスキルを持った人というふうにとられてしまう。
サッカーの現場でもクリエティブナ選手を育てようというかけ声の下に、実際には技術を教えることに必死になっているはおかしいではないという主旨であった。

この記事を読んで、ビジネスにおいても全く同じであると感じた。日本の企業では仕事のできる人というと、分析ができる人やリポートを書くのがうまい人あるいは会議をまとめることができる人であって、決して斬新なアイデアを出せる人ではない。若い人や荒削りの人間をもっと自由に発想させて、伸ばしてやる努力が必要なのではないか。
大学で教えているとそんなことを痛切に感じる。

関連記事

  1. S&Gのビジネスモデル
  2. PS3とイノベーターズジレンマ
  3. ガリバーのビジネスモデル
  4. 空間認知能力
  5. マネーボール
  6. クリスピー・クリーム・ドーナツ(続き)
  7. 寄り道できる紙媒体
  8. 札幌味噌ラーメンは豚汁から生まれた

コメント

    • 沢田 藤司之
    • 2008年 12月 05日

    Designの意味:
    1998年国連で催された第1回Universal Design Conferrenceに参加いたしました。その折、UDの主唱者の一人Ron・Mace教授が「デザインとは紙の上に描くことではない。“生活の仕方”である」と述べられていました。
    なるほど!!

    • 内田和成
    • 2008年 12月 07日

    沢田さんへ
    ご無沙汰しております。Ron Mace教授の言葉、まさにこのブログの主旨と一緒ですね。
    蛇足 ビジネスをデザインするとか事業をデザインすると言うときには、本来のデザインの意味で使っているような気がします。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RSS 内田和成のビジネスマインド

  • SPA IN LIFE 2017年2月13日
    BCG時代の後輩の梶川さんが、素敵な本を出しました。 「SPA IN LIFE」...
  • BCGのコンセプト紹介の本を書きました 2016年11月3日
    今年2016年は、BCGが東京に世界で2番目のオフィスを1966年に開設してから...
  • 事業アイデアの発想法 2016年10月28日
    今日はビジネススクールの内田ゼミにBCG時代の同僚で現在事業開発のコンサルタント...
  • 学部7期生 2016年7月8日
    今日の合同ゼミには学部7期の卒業生の中澤君と薬丸さんも顔を出してくれました。 明...
  • ゼミ合宿 2016年7月8日
    今日は内田ゼミのMBA生と学部生の合同ゼミ初日です。 例年土日の一泊二日でやるの...
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。