ブログ

トレードオフ

今日は本日より書店に並び始める新刊の紹介です。といっても私が書いた本ではなく翻訳本です。

アメリカのジャーナリストケビン・メイヤーが書いたトレードオフ(原題もTrade Off)です。ビジョナリーカンパニーの著者ジム・コンリンズ氏も絶賛しています。本屋で手に取る機会があれば、彼が書いた序文だけでも読んでみてください。中見に興味を持つこと必然です。

Tradeoff

実は私が日本語版に解説を寄せています。これは本の後ろに載っています。

本書のメッセージを簡単に言えば、企業の選択肢には「上質」と「手軽」の二種類があって、その両者をともに狙ったり、間を狙うような戦略はうまくいかず、「不毛地帯」と呼ばれるうまくいないエリアにはまって失敗します。したがって、敢えてどちらかを選びなさいと言う主旨です。詳細については是非中身を読んでみてください。

関連記事

  1. 日経ビジネスオンライン 復興ニッポン
  2. 夏休みに読むべき本第2弾
  3. 日経ビジネス書評
  4. 若者に投資を
  5. 意図せざる戦い
  6. BCGのコンセプト紹介の本を書きました
  7. 今、企業経営者に求められる資質とは
  8. 韓国経済新聞

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RSS 内田和成のビジネスマインド

  • BCGのコンセプト紹介の本を書きました 2016年11月3日
    今年2016年は、BCGが東京に世界で2番目のオフィスを1966年に開設してから...
  • 事業アイデアの発想法 2016年10月28日
    今日はビジネススクールの内田ゼミにBCG時代の同僚で現在事業開発のコンサルタント...
  • 学部7期生 2016年7月8日
    今日の合同ゼミには学部7期の卒業生の中澤君と薬丸さんも顔を出してくれました。明日...
  • ゼミ合宿 2016年7月8日
    今日は内田ゼミのMBA生と学部生の合同ゼミ初日です。例年土日の一泊二日でやるので...
  • 模擬授業のお知らせ 2016年7月6日
    来る7月24日(日)の午後、早稲田大学ビジネススクールでは2017年度の入試説明...
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。