ブログ

オチから考える発想法

DIMEという雑誌にデザイナーの佐藤オオキさんがネンドノカンドというコラムを連載している。これが結構おもしろい。
だいぶ前になるが「すべらないオチ先行テクニック」という記事が載っていた。

要約するとテレビのお笑いとデザインを考えることは共通項があるというのだ。そもそもこの発想がおもしろい。さて、何が共通なのかといえば、笑いのボケとツッコミを、ボケを問題提起と捉え、ツッコミを問題解決と捉えたときに、デザインも問題提起と問題解決から成り立っているとしています。
さらに、笑いのオチとデザインにおける最終アウトプットも同じようなものである。なぜならば、デザインのオチに至るまで、どのような道筋を立てるかによって、全体のクオリティが大幅に左右されるとしている。

この過程において、佐藤さんの場合は先にオチを決めて、そこに至るまでの経路を逆算していくようなやり方をとると言っています。その上で、プロとして、一定のペースで安定したアイデアを出し続けることが求められる以上、「失敗しにくい」デザインプロセスを懐に隠し持っていることは大切ですとも述べています。

具体例として、赤いいすのデザインを依頼された場合、いすの形状・素材→座り心地・サイズ→構造→赤色の仕上げとなるのが通常のパターン、それに対してオチから入る場合は、「実際は白色なのに赤く『感じられる』椅子です」というふうなオチを先に決めて、それから方法を考えるそうです。たとえの例として、白色の椅子に赤いライトを当てたり、鏡がついていた赤い家具が写るようにするなどの例が挙がっていました。

この記事を読んで感じたのは、オチを最初に考えてからそれをいかにして実現するかというプロセスが、私が人を感動させたり、自分のロジックを納得してもらうために考えるアプローチと似ているなと言うことでした。私もよく、先にオチを人に話してから、相手に「エッ」と思ってもらい、それからそれをわかりやすく説明するといったやり方をとります。

例えば、「サラリーマンは専門性を高めるべきでない」、「日本はもはやピークを過ぎた国である」などはすべて、このパターンです。

関連記事

  1. 未来へのパス
  2. 借りた本の返し方
  3. サッカー日本代表遠藤保仁は試合中「鳥になる」
  4. デザインの引き出し
  5. プロフェッショナルの条件とは
  6. 客を見て驚いているようでは、そのコンサルに先はない?
  7. 自分との闘いの向こうにあるもの
  8. 出来るコンサルタントは問題発見力に優れている

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RSS 内田和成のビジネスマインド

  • SPA IN LIFE 2017年2月13日
    BCG時代の後輩の梶川さんが、素敵な本を出しました。 「SPA IN LIFE」...
  • BCGのコンセプト紹介の本を書きました 2016年11月3日
    今年2016年は、BCGが東京に世界で2番目のオフィスを1966年に開設してから...
  • 事業アイデアの発想法 2016年10月28日
    今日はビジネススクールの内田ゼミにBCG時代の同僚で現在事業開発のコンサルタント...
  • 学部7期生 2016年7月8日
    今日の合同ゼミには学部7期の卒業生の中澤君と薬丸さんも顔を出してくれました。 明...
  • ゼミ合宿 2016年7月8日
    今日は内田ゼミのMBA生と学部生の合同ゼミ初日です。 例年土日の一泊二日でやるの...
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。