ブログ

喧嘩するデザイナー

今日のカンブリア宮殿のゲストは工業デザイナーの川崎和男氏だった。氏のことは実は知らなかったのだが、とてもおもしろくかつ為になった。ちなみに私が愛用しているPC用のディスプレイは昔はナナオと言っていたが今はEIZOというブランドだ。そのデザインを手がけたのが川崎氏と聞いて妙に納得すると同時にうれしくなった。なんせ、EIZOにはこれまでに4台合計で既に数十万円は払っているからね。おっと脱線してしまいました。

川崎氏は若いときに交通事故で車いす生活になったのだが、それに負けることなく世界的に通用するデザイナーになったというのが有名な理由の一つなようだが、私が感心したのはそのことではない。

彼は自分のデザインやコンセプトを理解してくれない顧客と徹底的に戦うというのだ。芸術家ならそれでよいが、工業デザイナーである以上、顧客と喧嘩して「じゃおまえとはもうやらない」といわれたらそれで終わりだ。それにもかかわらず、納得いくまで喧嘩すると言うから、うれしくなる。

そして川崎氏曰く、「喧嘩といっても結局は自分と喧嘩している」ことになります。要するにクォリティーに妥協したくないから、そうなるわけだ。出来るコンサルタントと同じ心意気だ。プロフェッショナルなら、こうありたいという見本のような人だった。

関連記事

  1. チョコレート職人の極意
  2. 未来へのパス
  3. プロの心構え
  4. デザインの引き出し
  5. なぜ三つ星レストランは高いのか
  6. 異業種競争戦略、本日発売
  7. プロフェッショナルの条件とは
  8. 出来るコンサルタントは問題発見力に優れている

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RSS 内田和成のビジネスマインド

  • BCGのコンセプト紹介の本を書きました 2016年11月3日
    今年2016年は、BCGが東京に世界で2番目のオフィスを1966年に開設してから...
  • 事業アイデアの発想法 2016年10月28日
    今日はビジネススクールの内田ゼミにBCG時代の同僚で現在事業開発のコンサルタント...
  • 学部7期生 2016年7月8日
    今日の合同ゼミには学部7期の卒業生の中澤君と薬丸さんも顔を出してくれました。明日...
  • ゼミ合宿 2016年7月8日
    今日は内田ゼミのMBA生と学部生の合同ゼミ初日です。例年土日の一泊二日でやるので...
  • 模擬授業のお知らせ 2016年7月6日
    来る7月24日(日)の午後、早稲田大学ビジネススクールでは2017年度の入試説明...
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。