ブログ

プロの心構え

今日の日経朝刊(25日付け)のシンポジウム「ニュースを読む」に紹介されていた沢木耕太郎の基調講演抄録が良記事である。

一言で言えば、日本の新聞におけるスポーツ欄の記事には、誰の意見がはっきり書かれていないのが問題だと指摘している。
例えば、インタビュー記事の最後に、「もう泣き虫王子とは言わせない」と書いてある。これが選手が言ったのなら、「私はもう泣き虫王子とは言わせない」になるはずだし、記者の意見なら「もう泣き虫王子とは言わせないような選手になるだろう」となるはずだという。
ところが、日本の記者は、摩擦を恐れるのか、自分の責任を回避するのか、主語をはっきりしないまま記事にすると言う。一人称か三人称かが書かれていないのである。

以上が沢木さんの意見だが、私は全く同感で、ビジネスの世界でも私生活でも、誰の意見分からないようなものの言い方が氾濫している。これでは、良いビジネスマンになれるわけがない。自分の意見として、言い切ることは当然リスクがある。せっかくの発言や見解が裏目に出ることもあるだろう。あいつこんな事を思っているのかと反発されることもあるかも知れない。しかし、言い切ってこそ、なるほどと思われることもあれば、のある奴だと思ってもらえる。別の言い方をすれば、その発言に責任を持つことになるし、個性も発揮できるのである。
さらに失敗して始めて、次はこうしたらいいかも知れない、あるいはこう考えるべきだったとか反省することが出来る。そして、成長することが出来るのだ。失敗を恐れて曖昧な表現を続けても、いつまでたっても学ぶことが出来ない。

間違っても、「○○のような意見も出て、これはやらない方が良いと思われています」的なもの言いをしないように気をつけよう!
あるいは、「若い人の間では、こちらの方が人気があるようです」なんて発言も無責任だ。だから、どうなんだ、というところまで言い切ろう。

だから、私は自分の講義では、必ずこう言う。「クラスの恥はかき捨て、会社の人は誰も見ていない。だから思い切り、馬鹿なことを言おう。そうこうしているうちに、だんだんまともな意見が言えるようになる」と…。

沢木さんは講演の最後の方で、こんなことを言っていた。
「自身の責任を明らかにして物語をつくるのは恐ろしいことだ。勇気が必要だ。」

関連記事

  1. 自分との闘いの向こうにあるもの
  2. チーム・バチスタの栄光
  3. サッカー日本代表遠藤保仁は試合中「鳥になる」
  4. 未来へのパス
  5. 借りた本の返し方
  6. アポロ13号
  7. 味のプロフェッショナル
  8. プロを育てるプロ

コメント

    • 鈴木英介
    • 2012年 12月 30日

    昔、先輩コンサルタントから、「スタンスをとれ」と言われて最初は違和感を覚えていたのが、いつの間にかそれが普通、という感覚に変わっていったのを思い出しました。
    プロフェッショナルなビジネスパーソンになれるかどうか、という意味で、「言い切る(=スタンスをとる)」のは一番重要な山だと思います。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RSS 内田和成のビジネスマインド

  • SPA IN LIFE 2017年2月13日
    BCG時代の後輩の梶川さんが、素敵な本を出しました。 「SPA IN LIFE」...
  • BCGのコンセプト紹介の本を書きました 2016年11月3日
    今年2016年は、BCGが東京に世界で2番目のオフィスを1966年に開設してから...
  • 事業アイデアの発想法 2016年10月28日
    今日はビジネススクールの内田ゼミにBCG時代の同僚で現在事業開発のコンサルタント...
  • 学部7期生 2016年7月8日
    今日の合同ゼミには学部7期の卒業生の中澤君と薬丸さんも顔を出してくれました。 明...
  • ゼミ合宿 2016年7月8日
    今日は内田ゼミのMBA生と学部生の合同ゼミ初日です。 例年土日の一泊二日でやるの...
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。